Hatena::Groupbaka1

バカの一つ覚えな設定・展開(抜粋) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-16

悪者宇宙人

| 悪者宇宙人 - バカの一つ覚えな設定・展開(抜粋) を含むブックマーク はてなブックマーク - 悪者宇宙人 - バカの一つ覚えな設定・展開(抜粋) 悪者宇宙人 - バカの一つ覚えな設定・展開(抜粋) のブックマークコメント

やっぱボスは「宇宙の帝王(自称)」なんだろうか?

  • 宇宙人少女を追う悪の帝王は、超兵器を狙っている。
  • その場合、部下と帝王の間では以下のような会話が交わされる。
    帝王:「えええ~~い!!あの小娘(宇宙人少女)はまだ見つからんのかっ!
       あの超兵器が無くては余の帝王の名が泣くではないかっ!」
    部下:「帝王様お喜び下さい。辺境の星でそれらしい姿を見たとの報告がありました。
       原住民も少々住んでいるようですが主力艦隊を派遣いたしましょうか?」
    帝王:「むう~~そんな田舎に大艦隊を送り込んではコストばかりかかるではないか…。だれぞ一人で片を付けられそうな者は居らんか?」
    部下:「(小声で)帝王なんて自称する割には言う事がみみっちいな…」
    帝王:「ゴタゴタ言わんとさっさとやれいっ!!」
    • それはサンデーに載って・・・いやなんでもない
  • 帝王が艦隊地球に送ってこれないのは、
    1. まだ敵対勢力が残っていて動かせないからである。
    2. 宇宙で締結されている「未開惑星干渉防止条約」のため、大っぴらな行動が取れないためである。
      この場合、幹部は次のように対応する。
      幹部:「帝王にも困ったものだ……とはいえ、無視することもできまい」
      下っ端:「しかし、条約で未開惑星への降下は禁止されていますよ!」
      幹部:「なあに、例の星ではある程度の宇宙開発に着手しているそうじゃないか。
         その断片的な情報を元に勝手に向かう愚か者は、私の部下にもいるだろうよ。
         そう、勝手なマネをな」
      下っ端:(発覚したら切り捨てる気満々かよ……)
  • 味方がこないのはこちらの場所が不明なのか、敵に従ってるふりをして大切な何かを守っているから である。
  従来型(静的コンテンツ)バージョン